顎ニキビを専門的に治療する方法

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

ここではなかなか治らない顎ニキビを専門的に治療する方法についてまとめています。
主に、病院で顎ニキビを治療する際にすることを簡単にまとめました。

皮膚科でレーザー治療をする

顎ニキビが気になる場合に洗顔をしてしっかり皮脂を洗い流して乾燥しやすいように保湿して夜寝る前には専用のクリームを塗って改善を図る人も多いと思いますが、マニュアル通りに対策をしてもなかなか効果が現れてこないのが顎ニキビのしつこさでもあります。
もし、顎ニキビの症状が改善しない状態が続くのであれば皮膚科に足を運んで治療を受けることがおすすめになりますが、皮膚科で施術を受けることができるレーザー治療はピンポイントにニキビの症状を改善することができると言われています。
レーザーによって改善することができる仕組みについて専用のレーザーを患部に照射することによってニキビの繁殖原因となる皮脂の分泌を抑制することができて、さらにレーザーの威力でそのままニキビ菌を死滅させることができます。
これだけでもかなり高い効果があるのですが、さらには皮脂が詰まった場所の毛穴をレーザーで一時的に広げて奥部に蓄積されている皮脂をごっそり取り除いてつぶれそうになっている部分のニキビの核を取り除くことで医薬品を処方するよりも早い効果が期待できます。
気になるのが肌への影響だと思いますが、表面の古くなった皮膚もレーザーで取り除いて新しい皮膚の生成を促すのですぐにきれいな肌に戻すことができます。
費用についてはそれぞれの皮膚科によって設定されている金額が異なっているのでまずはカウンセリングを受けて見て費用と相談して決めていくようにしましょう。

皮膚科でホルモン治療をする

皮膚科で受けることができる顎ニキビの治療方法はレーザーがありますが、レーザーの場合は外科的な方法で直接的にニキビの原因に働きかけることができるようになっているので症状が悪化してしまうのを抑制することが可能です。
また、レーザー以外の方法ではホルモンを用いたホルモン療法と呼ばれる治療の方法もありますが、ホルモンの治療法については医薬品の処方を受けてから改善を図るのが一般的な顎ニキビの治療方法になっています。
なぜ、ホルモンの治療によって顎ニキビの改善を図ることができるのかという部分についてはニキビの生成理由がホルモンと非常に深い関係があることが理由となっており、これは中学生や高校生になると体の変化に伴ってホルモンバランスが崩れてニキビができるのと同じです。
大人になっても女性だと妊娠や出産、人によっては生理によってもホルモンバランスが著しく乱れてしまうことがありますが、男性の場合についてもストレスがかかることによってホルモンのバランスが乱れてしまうことがあります。
ホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れを促して、そこから皮脂の分泌機序などが狂ってしまうことによって顎ニキビの生成を促すというものですが、ホルモンの正常化ということもあって根本的な改善ができるメリットがあります。
ただし、ホルモンが起因して起こっているのではないニキビの症状に対しては効果が見られない可能性があるので状況に応じて判断を受けることになります。

塗り薬や内服薬の処方を受けて治療をする

自分なりにニキビケア商品を購入したり、洗顔を購入したりしても顎ニキビはなかなか改善しないことも多いのですが、しつこい顎ニキビの症状が改善されない場合は自力での回復が難しくなってしまう可能性があるので医療機関に足を運んで医師に塗り薬や内服薬の処方をしてもらうことがおすすめです。
皮膚科での受診が一般的になりますが、医療機関に足を運ぶことのメリットとしてはどのような原因で顎ニキビが出来ているのかという要因を調べてもらうことができて、それにマッチした医薬品の処方を受けることができるので改善までのスピードは速くなることが期待されます。

また、顔に現れるニキビと違って顎に現れるニキビは時に病気を発症したことによって出ていることもあるので医療機関に行くことで隠れている病気を見つかる可能性もあります。

塗り薬や内服薬の処方を受けた場合は決められた用法や用量にしたがってきちんと使用する必要がありますが、サプリと違って含有されているのは医薬成分になるので当然ながら副作用のリスクがあるという点には注意しなければなりません。
いろいろな方法でニキビケアをすることができるようになっていますが、気をつけないといけないのは間違ったケアをしないようにすることで、これが悪化の原因になっていることも少なくありません。

皮膚科に通うとなると費用もかかりますが、目立ちやすい顎のニキビを改善することができることを考えると安いものです。

漢方を使用して治療をする

漢方は大陸で作られていた天然成分をベースに考えられた医薬品ですが、医薬成分が配合されている病院で処方を受ける医薬品と違って含有されている成分は体に負担が少ない成分ということもあって副作用のリスクが小さいというメリットがあります。
漢方にはいろいろな種類があるのでどれを選んで購入するのかという不安がありますが、通販でも購入することができるようになっており、漢方だけを取り扱っている漢方薬局と呼ばれる薬局も増えているのでこのような店舗に足を運ぶことでも買うことができます。
また、漢方薬局の中には漢方薬剤師と言って漢方に卓説した知識を持っている専門家がいるところも多いので顎ニキビに効果がある漢方を紹介してもらって購入をすることができるメリットがあります。

ただし、漢方だから安心と思い込んで使用するのは良くなく、どんな人でも体質によって合わない成分などもあるため、顎ニキビに対して効果がある漢方の中には自分の肌とは合わないことで肌荒れの症状や体内であれば副作用のような症状が出る可能性もゼロではありません。
顎ニキビはなかなか治りにくい特徴があるので処方してもらった漢方薬を使用しても改善が進まないようなケースもありますが、継続的に使用することによって少しずつ効果として現れてくる場合も多くあります。
また、顎ニキビの症状を漢方で改善しようとする場合は同時にニキビケアを意識することも大切で特に肌質の保持は心がける必要があります。

使用される医薬品の成分

しつこく出てくる顎ニキビには専用の医薬品の処方を皮膚科で受けて使用することがおすすめで、ある程度症状が進行してしまっている顎ニキビは自力で改善することが難しい可能性があるため注意する必要があります。
また、医薬品の処方を受けて実際に使用する場合もどのような成分が含有されているのかということは基本的な知識として知っておく必要性もありますが、基本的にニキビという症状はアクネ菌という細菌が繁殖することによって起こるものなので抗菌作用がある医薬品は一般的です。
顎ニキビはホルモンのバランスが乱れてしまうことによって起こることもありますが、この場合は根本的な原因がホルモンになるのっで、ホルモン調整剤などが処方されることもあります。
ちなみに同じ医薬品であってもドラッグストアで販売されているものと皮膚科で処方してもらえるものは違うことが多く、ドラッグストアで取り扱うことができない強い医薬成分が配合されているタイプになってくると医師による処方が一般的になります。
他にも顎ニキビの治療薬に使用されていることの多い成分としては抗カビ剤などがありますが、含有されている医薬成分によっては肌荒れの症状や内服薬の場合は副作用が発症することがあります。
天然成分がベースになっているニキビケア商品と比較した場合に医薬品タイプの方が効果の即効性という点では優れているものの、すぐに改善効果が出てくるとは限らないので注意が必要です。

繰り返して症状が見られる場合

顎ニキビ治療をして無事に顎ニキビが消えてもしばらく放っていると同じようなところに再びニキビが現れることがありますが、このようにニキビは繰り返して症状が出やすい特徴があります。
そのため、症状の改善が見られても油断することなく継続的にニキビケアをすることが肝要ですが、ニキビケアを考える上で特に重要なポイントになってくるのが保湿をするという部分になります。
脂性肌の人が顎ニキビに悩んでいる場合はあまり保湿することのメリットを感じないかもしれませんが、むしろどんどん洗顔をして顔の皮脂を洗い流して乾燥化させる方が顎ニキビに対しては良いようにも思えてきます。
しかし、脂性肌の人でも洗顔でどんどん皮脂を洗い流している場合は極端な乾燥肌の症状が見られることもあり、乾燥と脂性肌のサイクルが繰り返されることでお肌は正常性を失ってしまいよりニキビができやすい環境を作ってしまうことがあります。
このような状況になってしまうのを避けるという意味でも保湿をするということは大切なのですが、タイミングとしては洗顔をしてしっかり顔や顎の汚れを落とした清潔な状態の時に使用するのが基本になります。
また、肌荒れをしてしまう場合は敏感肌の状態になっていることも考えられるのでより刺激の少ない成分が含有されているニキビケア商品を使用するのがポイントになりますが、使用して違和感を覚える場合は使用をストップして様子を見ることも大切です。

PAGE TOP