顎ニキビの原因

    
     

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

ここでは、顎ニキビができる原因についてまとめています。
顎ニキビは様々な原因によってできますが大きな原因は6つあります。

1.胃腸が原因
2.ホルモンバランスが原因
3.ストレスが原因
4.脂質が原因(キレイに洗顔していない)
5.冷えが原因
6.病気が原因

胃腸の働きが乱れる

胃腸は食べ物を消化する大切な内臓器官となっていますが、この器官に不調が見られる場合は全身の症状として現れるケースがあり、特に胃腸の乱れによって起こるホルモンバランスの乱れなどは顎ニキビの原因になり得ると言われています。
最近はコンビニやスーパーなどに通うことでいつでも好きな食事をお金で買って購入して食べることができるようになっていますが、一方で嫌いなものは徹底して食べないというスタンスの人も増えていて栄養の偏りが顕著になっている傾向があります。
もちろんすべての人ではありませんが、食生活が乱れることによって胃腸のバランスが崩れてしまって最終的にさまざまな肌トラブルの起因になってしまうことがあるので注意する必要があります。
特に腸内環境の乱れは顎ニキビ関わらず、肌の老化や乾燥、脂性化などさまざまな症状をもたらすと言われていますが、胃腸の働きを改善することによって肌質の改善を促して結果的に顎ニキビの改善に繋がる期待があります。
胃腸の働きを改善するのであればきちんと食生活を正して日々の生活を送ることがポイントになりますが、腸内環境は健康を司る重要な部分でもあるので胃腸の働きが向上する乳酸菌サプリなどを購入して使用する方法もあります。
いろいろなケア方法がありますが、顎ニキビはしつこく残りやすい特徴があるので気になる場合は早めにケアをして症状が悪化しないように対策をきちんと行う必要性があります。

ホルモンバランスが崩れる

中学生や高校生になると顎ニキビができやすくなると言われているのはホルモンの乱れが理由だと言われていますが、体が大人になるのに伴ってホルモンのバランスは崩れやすくなって体にはさまざまな不調の症状が出てくるようになります。
また、大人になって現れる顎ニキビに関してもホルモンバランスが乱れるという点では合致しているのですが、ホルモンだけが原因とは限らず食生活やストレス、睡眠不足など生活習慣の乱れが直接的な起因になっていることも少なくありません。
原因にあった対策をすることが何より大切なケア方法になるわけですが、顎ニキビはどのような原因で症状が出ているのか分からないことも多いので症状が悪化の一途を辿るような場合は皮膚科で診てもらって症状が発症している原因を知っておく方が安心です。
また、ホルモンバランスについては大人になってからも崩れることがありますが、特に女性は出産前後や更年期になると乱れやすくなり、この時期に顎ニキビが一気に出てくることがあります。
この頃に現れる顎ニキビは状態や時期的なことから考えてもホルモンが絡んでいることが想定されるのですが、それ以外の平素の時に症状が見られる場合は生活習慣に関係していることが多数です。
また、専用のクリームなどは通販サイトを通じても購入することができるようになっていますが、肌質によっては使用することによってかえって荒れてしまうこともあるので注意する必要があります。

ストレスが溜まる

ストレス社会を生きる現代人にとってストレスフリーな生き方は理想であるものの、そうした状況に自分の身を置くのは難しいという人が大半だと思いますが、ストレスが蓄積されると疲労物質が体の中に溜まるようになり、そこから活性酸素が生じて体内の老化を促す可能性があります。
ストレスを自分で感じているくらいの場合はそれなりに余裕がある状態なのですが、この状態が続いているとやがて自分でもストレスを感じない状態になってしまい最終的にストレスの影響で重大な疾患に繋がることがあります。
また、ストレスは自律神経という体にとって大切な神経のバランスを乱してしまうと言われていますが、これによって顎ニキビが生成されやすくなってしまうことがあります。
思春期頃に現れる顎ニキビの症状は一般的にホルモンバランスの乱れが引き起こすと言われていますが、それによって顎ニキビが気になり始めてストレスがたまり、さらに顎ニキビの症状を悪化させるように悪循環の中に陥ってしまうこともあります。
そうならないためにもストレスを日頃から溜めないようにする習慣を身につけることが大切ですが、自分なりにストレスをしっかり改善することができる方法を考えることも大事なことです。
基本的にリフレッシュ効果を得ることはストレス対策として有効だと言われているため、自然の中に身を置いてゆっくりすることや趣味の時間を持って没頭するなどの方法でストレス緩和に繋げることができます。

肌質が変化する

顎ニキビに悩んでいる現代人はたくさんいますが、顎ニキビは子供だけでなく大人にも見られる症状としても知られており、顔に現れるニキビと生成の機序が異なっているケースもあるので症状が出た要因に合わせた対策をすることが肝要になります。
顎ニキビが出ている場合の肌質は脂性肌か乾燥肌になっていることが多く、特に脂性肌とニキビの関係性は深いと言われていますが、これはニキビという症状が皮膚から分泌する皮脂に対して細菌が繁殖することによって炎症を促すことを考えると分かりやすいかもしれません。
脂性肌の場合はとにかく顔をきれいに洗って皮脂を洗い流すという顎ニキビの対策をする人が多いのですが、確かに皮脂を流すことによって原因細菌の繁殖を抑制することができるのでメリットは高いと言えます。
しかし、皮脂は皮膚の潤滑油的な存在としても多少は必要であるため、顎ニキビ対策として皮脂を洗い流してしまうと今後は皮脂が無い状態をどうにかしようと体が動いて皮脂をさらに分泌させるようになってしまうケースがあります。
そうならないように気をつけるためにも間違ったケアをしないように注意しなければなりませんが、肌質は急に変化することがあるので注意が必要となります。
急な肌質の変化についてもホルモンなどが絡んでいることが多いのですが、女性の場合は化粧のやり方や化粧水の種類などによっても肌質が変わってしまうことがあるのできちんとした対策がより重要になります。

冷え性との関係

最近は男性でも冷え性になる人が増えていると言われていますが、この症状は指先など体の末端が冷えやすい症状のことで冷え性になると免疫機能が低下するなどデメリット要素が多くなると言われています。
人の体温というのは血液によって保たれているので冷え性になっているということはしっかり末端まで血液が行き届いてないことも考えられますが、そうなってしまうのは血液の流れが悪くなってしまうことや血管が縮小してしまうなどさまざまな理由が考えられます。また、冷え性になると同時に顎ニキビが作られやすくなると言われていますが、肌の新陳代謝を促しているのは代謝機能であり、この機能は体温が高いほど活発に行なわれる特徴があるので冷え性の場合は代謝機能が弱っている可能性があります。
顎ニキビにならないように注意する点としては肌ケアを日頃からしっかり行うことですが、専用のニキビケア対策用のクリームなども販売されているのでこれを使用することによってケアをすることが可能になります。
顎ニキビは顔のニキビと生成される機序が異なっていることもありますが、顔のニキビについても冷え性が悪化の原因になると言われているのでいずれにしても冷え性を改善させることは重要なポイントになります。
また、冷え性については適度な運動をして代謝機能を向上させることや手足の末端が冷えないように温めることを日頃から意識することが対策としては有効で根気強く続けることも必要です。

病気が招くパターン

顎ニキビは顔にきびと違ってしつこく治りにくい特徴があるものの、原因についてはさまざまな原因が考えられるため、起こっている理由に応じた対策をする必要性が出てきます。
若い頃の場合はホルモンバランスが崩れることによって発症しやすい特徴があるので、大人になってホルモンのバランスが落ち着いてくると自然に治ることも多いのですが、大人になってから現れる顎ニキビについては病気が絡んでいることも多くあります。
特に女性は婦人科系の病気によって顎ニキビの症状が出ていることも多く、子宮や子宮などの疾患が生じた場合は前兆としてホルモンバランスの乱れが現れることがあり、これによってニキビの症状を発症させてしまうことがあります。
病気が原因で生じるニキビは一般的なニキビと違ってフェイスラインに出やすい特徴があるので、あまりにもしつこく出てくる場合は体に異変が無くても病院に足を運んで検査を受けて体の中を調べてもらうことをおすすめします。
ニキビケアについては専用のクリームが販売されているのでこれを使用することによって一般的なニキビの症状であれば大体は改善するのですが、改善しない場合については他の方法を検討する必要が出てきます。
また、含有されていう成分が天然成分になっているのか、それとも医薬成分になっているのかによっても効果の程度は変わってくる可能性がありますが、いずれにしても正しく使用しないと効果を得ることはできないので注意が必要です。

PAGE TOP